今年もふるさと納税しました

今年もあと2週間を切りましたが、ちょっと仕事が落ち着いたのでふるさと納税を行いました。

私の限度額は4万円ほどですが、とりあえず寄付金額1万円の返礼品を3つ申し込みました。

両親へ送った芋焼酎「赤兎馬」と、おすそ分け用に買った「あまおう」、自分用に「辛子明太子1kg」です。

 

返礼品を選ぶのには時間がかかりましたが、手続きはやっぱり楽です。

今回は「ふるなび」と「さとふる」の2サイトを使いましたが、ふるなびで申し込むときはこんな流れになります。

 

①好きな返礼品を探して「寄付を申し込む」をクリック

②会員で無い方は、会員登録を行うか「会員登録をしないで寄付する」を選ぶ

 

会員登録を選んだ方が今年寄付した金額も分かりますし、ワンストップ特例制度申請書もダウンロード出来るのでお勧めです。

 

会員登録を選ぶとこんな画面になります。

 

③寄付申込フォームへ進む

ここではワンストップ特例制度を利用するか選ぶチェックがあります。

サラリーマンなど給与所得者の方で、確定申告が必要ない方はチェックを入れておきましょう。

 

申込フォームの続きです。

選んだ返礼品がきちんと表示されているかも確認しておきましょう。

ふるなびに限らず、ほとんどのサイトではクレジットカードが利用できます。

 

続きです。

配達日時が指定出来る返礼品もあれば出来ないものもありますので、申込をする前に確認しておきましょう。

 

確認画面です。

 

ここから次は実際にクレジットカードの入力を行います。

入力するとこれで申し込み手続きは完了です。

 

ちなみに私が寄付したのは12月14日ですが、鹿児島県いちき串木野市の芋焼酎は昨日実家に届いたそうです。

今日ポストを見ると「ワンストップ特例制度申請書」も届いていました。

 

右上にマイナンバーを書いてハンコを押した後は、日付の確認とチェックを2つ入れるだけです。

マイナンバーカードや個人番号カードの写しを貼り付けないといけないのが少し面倒ですが、これで実質負担が2,000円になるなら安いもんです。

 

これを2018年1月10日までに届けると2018年度の住民税が減額される仕組みです。

1月10日を超えると、2019年度の住民税が減額されるようになっていますので、早めの方が良さそうです。

 

給与所得者で確定申告が必要ない方はたったこれだけですから、ふるさと納税を利用した方が絶対にお得です。

 

今回利用したのはこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

 

 

コメントは受け付けていません。