ふるさと納税 楽天

ふるさと納税は楽天からでも申し込むことが出来ます。

 

がその前に、簡単にふるさと納税の制度についてまとめていきます。

 

 

ふるさと納税は、寄付した金額に応じて税金が安くなり、実質の負担額が2,000円になります。

例えば2万円寄付しても所得税や住民税が18,000円安くなりますので、最終的な負担は2,000円になるという制度です。

所得と家族構成によって、税金が控除される寄付限度額が決まっているので、「100万円寄付すると988,000円安くなる」という訳ではありません。

 

ふるさと納税をする時は、まずこの限度額を確認しておきましょう。

年収400万円で、独身または共働きの方は年間約41,000円、夫婦または共働き+高校生の子供1人は約32,000円が限度額になります。

 

ご自身の限度額の目安を確認するには、こちらからどうぞ。

 

また、従来は税金を安くするために確定申告が必須でしたが、現在はサラリーマンなどの給与所得者は書類を寄付した自治体に送るだけなのでかなり簡単になりました。

 

ではここからは楽天でのふるさと納税についてです。

 

楽天以外にもふるさと納税に申し込み出来るサイトはいくつかありますが、楽天を利用するメリットは次の2つです。

 


【ふるさと納税】 飛騨牛 ロース・肩ロース すき焼き・しゃぶしゃぶ用

 

①楽天の会員情報を使って寄付が出来る

通常はふるさと納税をするサイトで会員登録をしてから寄付を行いますが、楽天だとこの手間が無くなります。

ただしこの場合は、住民票に記載されている名前と住所をきちんと登録している必要があります。

 

②楽天スーパーポイントを貯めたり利用できる

楽天ふるさと納税を使っても、通常の買い物と同じでポイントが付与されますし、寄付金の支払いにポイントを利用することが出来ます。

100円につき1ポイントが溜まるので、1万円を寄付する事で普通のふるさと納税サイトを利用するよりも100円分お得です。

 

他のふるさと納税サイトと比べると少し自治体が少ないような気もしますが、もともと楽天を利用している方からすればふるさと納税のハードルがさらに下がりますね。

 

③楽天カードを使うとさらにポイントが貯まる

普通に買い物するよりも、楽天カードを使うとさらにポイントが2倍になります。

楽天カードを作るだけでポイントを貰う事も出来ますから、せっかく楽天のふるさと納税を利用するなら作って損はないカードです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

楽天ふるさと納税でも、サラリーマンなど確定申告が必要のない方のためのワンストップ特例制度(ふるさと納税を利用する際に確定申告が不要になる制度)が利用できますし、(寄付金-2000円)分の税金が安くなるのは同じです。

なので、実質の負担2000円で手軽にお礼品をゲットすることが出来ます。

 

欲しいお礼品が楽天ふるさと納税で取り扱いされていれば、楽天でふるさと納税をする方が楽そうですね。

お礼品によっては発送までの日数がかかるものもありますから、確認してから寄付をすることをおすすめします。

 

楽天ふるさと納税サイトはこちらからどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ふるさと納税】迫力満点 うなぎ蒲焼(長焼特大サイズ5尾入)

 

楽天ならこんな返礼品もありますよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントは受け付けていません。