ふるさと納税 控除

ふるさと納税は確定申告または申請書を提出する事によって税金の控除が受けられます。

 

その控除額は(寄付額-2,000円)となっており、3万円の寄付をして3万円分のお礼を貰ったとしても税金が28,000円控除されるので実質的な負担は2000円しかありません。

ただしこの控除された金額は自分の口座に戻ってくるわけではなく、翌年の税金がその分安くなるという仕組みになっています。

 

ふるさと納税を行う場合、確定申告が必要なケースと申請書を出すだけでよいケースの2つがあります。

確定申告が必要なケースでは、すでに支払っている所得税から指定した銀行口座に還付され、住民税も控除が受けられます。

申請書を出すケースでは、住民税だけの控除となりますが、どちらの場合も控除を受けられる金額は同じです。

 

控除の例

寄付1万円、所得税率10%の場合、以下のような金額が還付・控除されます。

確定申告が必要なケース
(10000-2000)×10%=800円が還付
(10000-2000)×90%=7200円が住民税から控除

申請書を出すケース(サラリーマンなど)
10000ー2000=8000円が住民税から控除

 

住民税は毎月支払う税金ですが、ふるさと納税をする事で毎月支払う住民税が(控除額÷12か月)分だけ安くなります。

来年払うはずの住民税をさきに支払っているような形ですね。

 

つまり、限度額まででふるさと納税をすれば2000円しか実質負担はありませんが、残りが全て返ってくるわけではありません。

ここを間違えないようにしましょう。

 

とはいえ、やはり2000円で数万円分のお礼が貰えるというのはとても便利な制度だと思います。

私は今年の限度額いっぱいまで使ったので、また来年いっぱいふるさと納税をする予定です。

 

ちなみに私が貰ったのは、こんな感じです。

・佐賀牛A5サーロイン 600g
・北海道本ズワイガニ 800g
・キリン一番搾り 350ml×24
・嬉野温泉ペア1泊2色コース

これだけ色々貰って2000円しか負担がないので、やっぱりお得です。

 

具体的な数字を出してみると、こんなイメージです。

年収600万円の方がふるさと納税をした場合
※所得税20%、住民税10%なので、合計180万円

 

ふるさと納税をしない場合
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ふるさと納税をする場合
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

支払い額は2年間を通してたった2000円増えるだけですが、寄付68000円分のお礼品が貰えます。

68000円分寄付をすれば、上の例で行くと佐賀牛・ズワイガニ・ビールぐらいは間違いなく貰えます。

国に支払うはずだった税金の一部を、ふるさと納税を利用して自治体に支払うだけでこんなに変わるんですから、本当に良いです。

 

このふるさと納税という制度は、実はお金持ちの方に優遇されている制度です。

私がふるさと納税をしても限度額は40,000円程度ですが、高収入の方なら限度額が10万にも20万にもなります。

10万円以上寄付をしてとても豪華なお礼品を貰ったうえで、負担は私と同じ2,000円です。

収入の高い方ほど、ふるさと納税はお得な制度という事ですね。

 

ふるさと納税をする場合は、まずは控除シミュレーションをして、寄付の限度額を確かめましょう。

↓↓↓↓↓↓

控除シミュレーション

 

コメントは受け付けていません。