ふるさと納税

最近よく耳にする「ふるさと納税」は、簡単に言えば「都道府県や市区町村への寄付」です。

ですが、単なる寄付ではありません。

 

寄付をする事で2つ良い事があります。

1つ目は、寄付する事によってその市町村で採れた特産物などが貰える事です。

お酒やカニ・牛肉・ハムなどが貰え、市町村によってはデジタルカメラやパソコンなどの家電が貰えることもあります。

 

2つ目は、寄付する事によって翌年支払う税金が減ります。

寄付額(自己負担額)から2000円を除いた額だけ翌年の所得税が還付されたり住民税から控除されます。

つまり、1万円寄付した場合は翌年8000円だけ所得税や住民税が安くなるということです。

 

これが「納税」という言葉が付く理由ですね。

そのため、1万円で牛肉を貰ったとしても翌年8000円分だけ税金が安くなりますので、実質たったの2000円で牛肉が貰える事になります。

 

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e

 

イメージとしては、こんな感じです。

この右下にある2000円で、高級牛肉やカニなどが貰えるということです。

 

こうかくと

「すごくお得だね」

と考える方もいらっしゃれば、

「なんかうさん臭い」

と考える方もいらっしゃると思います。

ですが、このふるさと納税は総務省が推奨している「日本の制度の1つ」です。

これを知っていなければ1万円の牛肉は1万円を支払う必要がありますが、知っていればたったの2000円で貰える事になります。

 

このふるさと納税を上手く使えば非常にお得です。

 

コメントは受け付けていません。